HOME > イベント・セミナー > 2019.02.09~02.10 WAO第二回研修旅行に行ってきました♪

2019.02.09~02.10 WAO第二回研修旅行に行ってきました♪

個人ではなかなか触れることのできない、地域や企業などのさまざまな取組(女性の社会進出や働き方改革など)について、一歩踏み込んだ内容を実際に見聞し、レクチャーを受けることで理解を深め、今後の活動に生かしていくことを目標に掲げて、WAO研修旅行PJがスタートしました。

~WAO第二回研修旅行~
日 時:2019年2月9日(土)~2月10日(日)
行 先:淡路島 岩屋
宿泊:簡保の宿淡路(希望者のみ)
研修内容:
◆ 岩屋地区現状確認:ハイキング2時間
◆ 岩屋地区で評判のグルメスポットでの昼食:希凛
◆ 観光客・定住促進に向けた魅力についての議論

※ 希望者のみ
◆ 「簡保の宿淡路」にて夕食会&感想等今後の可能性について&懇親会

 
【1日目】
◆「ぐるっと岩屋」ハイキング
「淡路島観光協会岩屋観光案内所」作成の地図があり、これに従って、岩屋港・絵島から、岩屋神社を経て、「鳥の山展望台」(立ち入りは不可)の入り口まで結構な上り坂を歩きました。途中は絶景の連続で、高度が上がるにつれて、淡路の海が垣間見える美しい景観です。海外から定住した方の目を引く建物もいくつか点在していました。
20190209_001 20190209_002

ここからは、県道バイパスで車道に設けられた歩道を歩きます。
「石の寝屋緑地」という道案内を横目で見て(ここも、立ち入りはできません。イノシシが数多く出没するそうです)明石海峡大橋のたもとの「道の駅あわじ」まで歩きました。

この辺りが「松帆の浦」と呼ばれる景勝地で、そこで地元でもなかなか予約の取れない「希凛」というお店で昼食です!
食事はもちろん、その眺めは素晴らしいものでした。目の前は明石海峡です。
20190209_004
20190209_003 20190209_005

 
◆「岩屋の魅力を発信する」ためのディスカッション
町にはこんなに素敵なところがたくさんあったのだという発見がいくつもありました。
住んでいるとわからないことも、よそ者の目では新鮮な発見がありました。

淡路島の岩屋は、かつては神戸・大阪・明石などとの航路の中心的な役割を果たしてきましたが、1998年4月に明石海峡大橋が開通以来、交通の中心は自動車に取って代わられ、かつての中心的な賑わいが失われつつあります。
見所も多く、温泉やグルメもあり、魅力的なポイントはいくつも存在しますが、地元に住んでいると、その魅力が見えにくいことから、今回大阪の女性がワークショップを開き、その魅力について、語り合いました。また、淡路島は江戸時代の瀬戸内航路の重要な役割を果たしてきたはずであり、そうした歴史的な魅力も探して、ストーリー性の発見が可能かどうかなども、探しました。
現在の岩屋にどのようなモノ、コトを発見して提供することが、訪問客や地元の人々にも創造的な価値を提供できるのか、提案できればと、企画したWAO第二回研修は実りあるものになりました。

ワークショップの後は希望者は簡保の宿淡路で夕食会&感想等今後の可能性について&懇親会。
おいしい淡路の魚と、温泉に癒されました。

contact連絡先

〒550-0005
大阪市西区西本町1丁目3番15号 大阪建大ビル 10F
株式会社アルメディア・メディカルラボ(内)
TEL:06-6536-1957
FAX:06-6536-1952

協賛会員