HOME > イベント・セミナー > 2015.09.14第2回 輝く女性のためのシンポジウム「魅せる、見せる、美せる介護服コンテスト」

2015.09.14第2回 輝く女性のためのシンポジウム「魅せる、見せる、美せる介護服コンテスト」

第2回 輝く女性のためのシンポジウム「魅せる、見せる、美せる介護服コンテスト」
2015年9月14日(月)大丸心斎橋劇場においてシンポジウムを開催いたしました。

昨年に続き,「女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム(World Assembly for Women in Tokyo, 略称:WAW! 2015)」の公式サイドイベントに登録されています。

World Assembly for Womeロゴ

開催日   2014年9月14日(金)14:30~17:00
開催場所  大丸心斎橋劇場(大丸北館)
来場者数  170名
後援団体
デンマーク大使館、大阪府、大阪市、大阪商工会議所
社会福祉法人大阪市社会福祉協議会、公益社団法人大阪介護老人保健施設協会、 産経新聞社、 関西テレビ放送株式会社、大阪デジタルコンテンツビジネス創出協議会、協同組合関西ファッション連合、 一般社団法人日本介護事業連合会
協力
大阪モード学園、住商モンブラン株式会社、ピースクルーズ株式会社、株式会社神戸リビングケア
特別協力
株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ
協賛
サントリーホールディングス株式会社、第一生命株式会社、ARTS&WEB株式会社

IMG_0128

介護業界全体が元気のない今、本来の介護事業の尊さと必要性を世間に広く認識していただき、介護業界を活気づけたいと考えています。介護の仕事に携わる人が増え、家族介護する方々の不安や負担を軽減し、生き生きとした生活を送っていただきたい。そうすることが、地域の活性化につながるとWAOは考えました。

ご講演は、デンマーク大使館の上席商務官の松本美保氏によるものです。
テーマは、「福祉先進国として高齢化対策のモデル国であるデンマークの介護の現状や介護のユニフォームについて」です。
FullSizeRender

大阪府健康医療部長 上家和子氏 のご講演のテーマは 「医療の中のユニフォームの役割」です。
IMG_0135

デンマークと大阪府の介護の現状や医療について、わかりやすくお話しいただきました。
ご参加のみなさまからもとてもわかりやすかったというご意見を多く頂戴いたしました。

そして、今回のサブタイトルとなりました。
「魅せる、見せる、美せる介護服コンテスト」は大阪モード学園様にご協力をいただき新しい感覚でユニフォームをデザインしていただきました。

ファッションが人間や環境に与える力はとても大きい
ユニフォーム
から介護業界のイメージ刷新と就業率アップを!!

素敵なユニフォームを着た介護職員が、元気に仕事をすることで、明るい介護現場が形成され、多くの人が介護職に興味を持ちます。まずは「外見=ユニフォームから意識革新とイメージアップを」というテーマにピッタリの素敵なファイナリストの作品が出来上がりました。
ファイナリストは、42名の応募者のなかから厳選な書類選考を経て残られた5名です。
モデル&製作者

ランウェイでは、それぞれの作品の特徴をアピール!

20150915023841

作品の登場の度に、大きな拍手が起こりました!!!
そして、5つの作品にはそれぞれに賞が贈られました。
Function(ファンクション)賞 : 機能 介護現場の機能性を最大限に引き出す
エントリーno.3 市吉令佳さん
Arrange (アレンジ)賞 : アレンジ 単一デザインでなく介護服の組み合わせを楽しめる
エントリーno.5 永江幸平さん
Advanced (アドバンスド)賞 : 先進性 介護現場の未来を拓く
エントリーno.1 安藤有香さん
Cool (クール)賞 : クール 介護のカッコよさを取り入れた
エントリーno.2 山中沙織さん
Heartfull (ハートフル)賞 : ハートフル 介護する方もされる方も心温まる
エントリーno.4 大坪育美さん

Function(ファンクション)賞、Arrange (アレンジ)賞、Advanced (アドバンスド)賞、Cool (クール)賞には
住商モンブラン様より1万円の商品券
KDDIウェブコミュニケーションズ様よりハイエンドユーザー向けのガジェット Eコマース総合ブランド「OneMe Store」販売のエレガントデザインイヤホン

Heartfull (ハートフル)賞には
住商モンブラン様より1万円の商品券
WAOからリラックスビューティセットが贈られました。

20150915033729

ファイナリストの後ろに並んでいるのは、グループ校の大阪医専・介護福祉学科の学生さんたちです。
今回のコンテストに向けて、「高齢者への理解」「介護服に求められること」をテーマに、共に学ぶコラボ授業を実施されました。参加した ファッションデザイン学科、ファッションデザイン学科高度専門士コース、ファッション技術学科の学生さんは、介護をする側・受ける側両方の立場を疑似体験!それをもとに作品はデザインされています。

作品の審査中は、独自アイデアによる身体アシストデバイスの開発・実用化をすすめているR.U.Technologies株式会社 代表取締役 秋山省一氏のプレゼンテーションです。

20150915042008

たくさんのご質問をいただき、みなさまの実用化への期待の高さが感じられました。
そして栄えあるグランプリは!!!
20150915025526

エントリーno.1の安藤有香さんです!
現役の訪問看護しとして働きながら、デザインの勉強にも励む安藤有香さんは見た目だけではなく自身の経験を反映させた機能性の高さも評価されました。

20150915033716審査をしてくださいましたのは
協同組合関西ファッション連合    執行役員糸井弘一さま
一般社団法人 日本介護事業連合会(日介連)理事    大島 慎司さま
ピースクルーズ株式会社    代表取締役    田中知世子さま
Unix Design Office Inc. 代表    中内 淑文さま
住商モンブラン株式会社    商品企画室 室長 添田 智之さま
そして、WAO代表理事 堀内智子です。

そして恒例のWAO締めでシンポジウムは、無事に閉会いたしました。

ご来場いただいたみなさま、ご登壇いただいたみなさま、ご協力いただいた企業さま、団体さま、そして素敵な作品を考えてくれた大阪モード学園のみなさまにこころより感謝いたします。
WAOは、みなさまの支援を糧に前進します!

 

 

 

 

 

contact連絡先

〒550-0005
大阪市西区西本町1丁目3番15号 大阪建大ビル 10F
株式会社アルメディア・メディカルラボ(内)
TEL:06-6536-1957
FAX:06-6536-1952

協賛会員